ABOUT

横浜ボーイスカウト34団スカウト

カトリックスカウト34団

1968年に、カトリック山手教会を母体として活動を開始しました。さまざまな活動の中にカトリックの教えを取り込み活動しています。
野外活動やスカウトの自主的な活動を支援しながら、一人一人の成長を見守っています。

スカウトのモットーは、『 そなえよつねに』(Be Prepared)
「いつなん時、いかなる場所で、いかなる事が起こった場合でも 善処が出来るように、常々準備を怠ることなかれ」という意味です。
ビーバースカウトのモットーは『 なかよし』、カブスカウトのモットーは、『 いつも元気』です。
スローガンは、『 日日の善行』( Do a good turn daily )
この『日日の善行』は、1909年秋のロンドンで、シカゴからきた出版業者ウィリアム・ボイスが、ロンドン名物の濃霧のせいもあり、道に迷って困り果てていた。その時、霧の中からひとりの少年が近づいてきて、「何かお役に立つことがありますか。」と声をかけた。 ボイスが、行き先がわからないことを伝えると、少年はボイスの荷物を手にとり、先にたってボイスを案内した。彼の案内によって無事目的地に着いたボイスは、習慣的にチップをあげようとポケットに手を入れた。しかし、少年はさっと敬礼をして、「私はボーイスカウトです。私に一日一善をさせてくださってありがとう。スカウトは、他の人を助けることでお礼はもらいません。」と言い、ボイスが少年の名前を聞く前に立ち去った。という逸話に始まりがあります。

活動地域

団本部 カトリック山手教会
231-0862 神奈川県横浜市中区山手町44
E-Mail 34company@bsy34.com
毎週日曜日カトリック山手教会周辺で活動しています。活動中のスカウトやリーダーにお気軽に声をおかけください。

ビーバースカウト

ビーバースカウトは、小学校入学前年の9月から小学校2年生までの子供達が入団しています。自分のことは自分ですることを学びながら、同時にカブスカウトへ上進する準備期間であると共に、年下のビーバー隊のスカウトの面倒もみることを大切にしています。
キャンプや遊びをとおして、年齢の違う仲間が協力し合って、何かを見つけるための冒険をしています。

ビーバースカウトのやくそく

ぼく(わたくし)はみんなとなかよくします
ビーバー隊のきまりをまもります

ビーバー隊のきまり

1. ビーバースカウトは げんきにあそびます
2. ビーバースカウトは ものをたいせつにします
3. ビーバースカウトは よいことをします

ビーバースカウト活動

カブスカウト

カブスカウトは、小学2年生の二学期から小学校5年生の子供達が対象です。カブ(cub)とは「幼獣」のことで、かわいい怪獣たちが日々冒険の活動をしています。カブ隊では、班編制を中心に構成され、よき理解者であるデンマザー、デンリーダー(保護者などの成人指導者)が補佐しています。スカウトは入隊後「りすの道」の課程を履修した後、小学校2年の9月から小学校3年の8月までは「うさぎ」、小学校3年の9月から小学校4年の8月までは「しか」、小学校4年の9月以降は「くま」の課程を履修し、各課程を修了するとクリア章(完修章)が授与されます。また、興味のある分野に挑戦する選択科目のチャレンジ章があり、子供達の興味に合わせて興味を探求できるよう応援しています。小学校5年生になると、ボーイ隊への上進準備のため「月の輪熊(つきのわぐま)」となり、ボーイスカウトになるための準備を進めていきます。

カブスカウトのやくそく

ぼく(わたくし)はまじめにしっかりやります
カブ隊のさだめを守ります

カブ隊のさだめ

1.カブスカウトは すなおであります
2.カブスカウトは 自分のことを自分でします
3.カブスカウトは たがいに助けあいます
4.カブスカウトは おさないものをいたわります
5.カブスカウトは すすんでよいことをします

ボーイスカウト横浜34団カブ隊

ボーイスカウト

ボーイスカウトは、小学校5年生二学期から中学校3年生までの子供達が活動しています。スカウトは班制教育、進歩制度、野外活動という3つの柱によってより自主的な活動を行うように導かれます。班制教育では班長と班員という構成で団体行動を学び、進歩制度では個人としての技量を高めるため、初級スカウト、2級スカウト、1級スカウト、菊スカウトへの進級を目指しています。隊や団キャンプへの参加のほか、機会に合わせてキャンポリーや日本ジャンボリー等へ参加することもあります。

スカウトのちかい

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。
1. 神(仏)と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
1. いつも、他の人々をたすけます。
1. からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。

スカウトのおきて

スカウトは誠実である
スカウトは、信頼される人になります。
真心をこめて、自分のつとめを果たし、名誉を保つ努力をします。
スカウトは友情にあつい
スカウトは、きょうだいとして仲よく助け合います。
すべての人を友とし、相手の立場や、考え方を尊重し、思いやりのある人になります。
スカウトは礼儀正しい
スカウトは、規律正しい生活をし、目上の人を敬います。
言葉づかいや制服に気をつけ、行いを正しくします。
スカウトは親切である
スカウトは、すべての人の力になります。
幼いもの、年寄り、体の不自由な人をいたわり、動植物にもやさしくします。
スカウトは快活である
スカウトは、明るく、朗らかに、いつも笑顔でいます。
不平不満を言わず、元気よく、進んでものごとを行います。
スカウトは質素である
スカウトは、物や時間を大切にします。
むだをはぶき、ぜいたくをせず、役立つものは活用します。
スカウトは勇敢である
スカウトは、勇気をもって、正しく行動します。
どんな困難なことがあってもくじけずに、新しい道をきり開きます。
スカウトは感謝の心を持つ
スカウトは、信仰をあつくし、自然と社会の恵みに感謝します。
お礼の心で、自然をいつくしみ、社会に奉仕します。

ボーイスカウト活動内容

ベンチャースカウト

ベンチャースカウトは中学校3年生二学期から高校3年生時3月末までの青年が活動しています。旧制度ではシニアースカウトと呼ばれていました。ベンチャースカウトは、ボーイスカウトと異なりプロジェクトに対して自主的な企画・計画、実行、評価・反省、報告が求められています。自分たちで考え目標を設定するため、たとえば山岳踏破や最南端の島への貧乏旅行、被災地支援への参加など自分たちで考え行動します。リーダーは自主性を尊重しながら適宜アドバイスを行い活動を見守ります。進歩制度では、隼スカウト章、富士スカウト章の取得を目指します。

ベンチャースカウトの活動

ローバースカウト

ローバースカウトは、18歳以上25歳以下の大学生・大学院生・勤労青少年が対象です。ローバー隊は自ら自治規則を設定し、スカウト自身により運営されます。ローバースカウト自らが行う自己研鑽と、隊が行う奉仕活動、国際交流などの活動行っています。ローバーという言葉は「さすらう」「漂流する」という意味があり、スカウト活動を通して人間形成を行う集大成として、模索しながら、様々な冒険や取り組みを行っています。